アーバンギャルドは様々なジャンルをクロスオーヴァーする
「トラウマテクノポップ」バンド。
松永天馬による唯一無二の文学的歌詞に、狂った電子音に濃厚なアンサンブル、 女性・男性ツインヴォーカルがはじけるサウンドは、 病的にポップ。痛いほどガーリー。

浜崎容子(Vocal)
松永天馬(Vocal)
瀬々信(Guitar)
おおくぼけい(Keyboard)

詩や演劇のフィールドで活動していた松永天馬の呼びかけにより結成。 シャンソン歌手としてステージに立っていた浜崎容子をアイコンとして、病的な現代を標榜し、アンダーグラウンドでありながらポップでもあるという、類い稀な音楽として昇華している。
楽曲のみならずアートワークやMVなど総ての作品を松永自身が手がけるパーソナルな創作集団でもあり、各メンバーがソロの音楽や小説、俳優、モデル、美術など他分野でも活動。
時々血を見ることもあるが、それは現実だ。

08年4月「少女は二度死ぬ」でインディーズデビュー。
11年7月「スカート革命」でメジャーデビュー。
13年ベストアルバム「恋と革命とアーバンギャルド」リリース。またフランス・パリの「JAPAN EXPO」出演。海外でのライヴも定期的に行う。

15年待望の7thアルバム『昭和九十年』を発売。現代の平成日本とはパラレルな戦時中の「昭和九十年」を舞台にした至上のコンセプトアルバムは、過去最長四ヶ月のレコーディング期間を経て、KADOKAWAよりリリースされた。

二度の全国ツアーを経て、デビュー十周年を控えた2017年、四年半ぶりのニューシングル「あくまで悪魔」をリリース。タワーレコードデイリーチャート1位(17年1/3付)&週間チャート5位、オリコンデイリーチャート4位&週間チャート17位を記録。

デビュー十周年となる2018年春、最大規模となる中野サンプラザでのワンマンライヴに挑戦。
アンダーグラウンドからオーヴァーグラウンドへの躍進は止まらない。

●ファンレター送付先:
東京都渋谷区東1-13-1ニュー常盤松マンション508 株式会社TKブロス

Urbangarde is...
the post pop unit that active in Tokyo of the 21st century.
We participate in live broadcasting and an event of the Tokyo center and am playing an active part as an actor and a model, a creator.
We make the performance that included reading aloud and a picture of the poetry a pop and am rife in an underground,
deep attachment of the virginity and passion of the virgin.

HAMASAKI Yoko (Yokotan): Vocal & Sequence
MATSUNAGA Tenma (Temma): Vocal
ZEZE Shin (Shinsama): Guitar & Sequence
OKUBO Kei(Keisama):Keyboard & Sequence

ENGLISH WIKIPEDIA

BIOGRAPHIE
Urbangarde est un groupe Trauma Techno Pop créé au 21ème siècle à Tokyo.
C'est un groupe dense de musique électronique un peu folle, avec des explosions de voix masculine et féminine à nulle autre pareilles.
Urbangarde fait une pop maladive, girly au point d'en être douloureux.
Les paroles des chansons d'Urbangarde sont pleines d'amour et de motivation pour la minorité des cultures underground, des vierges, et des otakus.
Parce qu'elles résonnent avec un Japon actuel pathologique, ces chansons ont, grâce à internet, fait naître des fans exaltés.

Ce groupe est né au 21ème siècle, sous l'impulsion de Matsunaga Tenma, parolier et homme de théâtre.
C'est lorsqu'il l'a vue sur scène, qu'il a ressenti de la vénération pour Hamasaki Yoko, chanteuse de vieilles chansons françaises, et il en a fait le porte-parole d'une époque actuelle maladive.

C'est Matsunaga qui s'occupe seul de l'aspect artistique, pas uniquement des chansons, mais aussi du design, des vidéos promotionnelles…
C'est un groupe qui relève activement tous les défis artistiques.

MEMBRES
HAMASAKI Yoko (Yokotan): Vocal & Séquence
MATSUNAGA Tenma (Temma): Vocal
ZEZE Shin (Shinsama): Guitare & Séquence
OKUBO Kei(Keisama):Clavier & Séquence

NOLIFE TV